【Part1】Windows版 OBSで配信する

Windowsへミラーリングされた端末画面は、配信用のツールを用いて配信します。
ここでは無償で利用できる OBS (Open Broadcaster Software) について説明します。

1. OBSをインストール

ライブ配信ツールであるOBS (Open Broadcaster Software)のインストールを行います。

OBS のオフィシャルホームページへアクセス。左側に表示されている “Windows”をクリックすると自動でダウンロードが開始します。

qq.jpg

1. ダウンロードしたファイルを開き、“Next”をクリック

ww.jpg

2. “I Agree”をクリック

aa.jpg

3. “Next”をクリック

mceclip0.png

4. “Install”をクリック

mceclip1.png

5. ”Finish”をクリックすると、OBSが起動します。

mceclip2.png

2. OBSの配信設定を行う

1.OBSを起動後、【設定】ボタンをクリックし、配信設定を行います。
※エンコード(動画や音声の圧縮)に関する設定です。
mceclip3.png

2.【設定】の「出力」をクリックし設定をしていきます。各項目設定後、OKをクリックする。
※出力モードは【詳細】を選択してください。

mceclip4.png

設定名 推奨値 詳細
オーディオトラック 1 通常デフォルト(1)のままで問題ありません。
エンコーダー x264 エンコード方法を選択できます。特に理由がなければx264を選択してください。
「ストリーミングサービスのエンコーダ設定を適用する」はONのままで問題ありません。
ビットレート 1500〜5000 映像のビットレートです。(ビットレートを参照してください)
高いほど画質が綺麗になりますが、ネットワークの帯域をより多く消費するようになります。
OPENREC.tvでは解像度やFPSにもよりますが、3000kpbs程度を推奨しています。
バッファ関連 OFF 「特定バッファサイズを使用」はデフォルト(OFF)を推奨します。
バッファ長が長い方が画質が若干上がりますが、配信に若干の遅延が出ます。
キーフレーム間隔 2 キーフレーム間隔は必ず2秒を設定してください。2以外を設定した場合にはエラーが発生し配信できません。
CBRの使用 ON ビットレートを均一化(Constant BitRate)させるオプションです。こちらはONで問題ありません。
CPU使用のプリセット veryfast 動画エンコードの複雑さを設定します。推奨は「veryfast」です。slowにいくにつれ圧縮処理が複雑になるために、CPU負荷が大きくなります。
プロファイル なし 再生する機器の互換性規定に関する項目です。
「なし」で問題ありません。
チューン なし 映像のチューニングを行うための設定ですが、OPENREC.tvでは必要ないため「なし」です。
可変フレームレート OFF フレームレートが一定でないと滑らかな映像にならないため、デフォルト(OFF)を推奨します
x264オプション なし プリセットがある方は設定してください。標準では必要ありません。

 

※OBS classicをお使いの方の注意事項

下記のエンコード設定画面にて、サウンドのコーデックをAACに設定してください。mp3を設定してしまうと再生時にフォーマットエラーが発生してしまい、ライブ及びライブのアーカイブ動画の再生できなくなってしまいます。

mceclip5.png

 

3.「映像」をクリックし映像設定を行います。各項目設定後OKをクリックする。

mceclip6.png

設定名 推奨値 詳細
基本(キャンバス)解像度

1280×720

または

1920x1080

「取り込み時」の解像度です。

解像度を高くすると精細になりますが、情報量が増えノイズが増えやすくなります。スプラトゥーンやオーバーウォッチ、ストリートファイターなどの画面の動きが激しいゲームに関しては1280 x 720と解像度を小さくした方がノイズが減り結果的に見た目上の画質が向上する可能性があります。

出力(キャンバス)解像度

1280×720

または

1920x1080

「配信時」の解像度です.
実際の配信で、視聴者に届くビデオ解像度はここのサイズになります。
縮小フィルター

1280×720

または

1920x1080

スケーリングする際のアルゴリズムです。
FPS共通値

30

または

60

1秒当たりのビデオの枚数です。
FPSが高いほど動画が滑らかになりますが、1枚辺りの画質が悪くなります。
FPSが低いほど動画はカクカクになりますが、1枚辺りの画質が良くなります。
同じビットレートでは30fpsより60fpsの方が滑らかになりますが、画像枚数が30から60に増えることにより、1枚あたりの画質は下がります。

自動的に再接続は無効に設定してください。

3. 配信用画面と音声の設定

配信用画面はミラーリングした端末の画像を含めるのが基本ですが、それ以外にウェブカメラ等から取得した実況者自身の姿や、固定画像、テキスト、他の動画等を組み合わせて作ることが可能です。
また、配信する音声も、ゲームのサウンドだけではなく、マイク等の音声を取り込むことが可能です。
ここでは、ミラーリング端末の画像と、配信者自身の姿を映すカメラで配信画面を構成する例を説明します。

ミラーリング端末の画像追加方法

1. 配信用画面にミラーリングした端末を追加する。
【ソース】のプラスボタンを押して、【ウィンドウキャプチャ】からミラーリングした端末の画面が表示されているウィンドウを選択する。
mceclip1.png

mceclip2.png

2.ミラーリングしているウィンドウを選択する。

mceclip3.png

配信画面に配信者の自画撮りを追加する方法

1. 配信用画面に映像キャプチャデバイスを追加する。
【ソース】のプラスボタンを押して、【映像キャプチャデバイス】を選択し、新規作成でOKをクリックする。

mceclip4.png

2.デバイスを選択し、OKをクリックする。

mceclip5.png

3.シーン内に配置をする。

mceclip6.png

4. 動作確認

OBSの設定が終了したら、配信に進む前に【録画開始】をしてパソコン上に動画を作成し、音量が適切か、フレーム落ち (カクつき) はないか確認することをお勧めします。
動画の保存場所は 【設定】-【出力】の【録画のファイルパス】で確認できます。

 

【Part2】Windows版 OBSで配信する

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk